よくあるご質問と回答

論文投稿に関して

参加申し込み、宿泊に関して


Q1. 著作権の譲渡は発生しますか?

A. 情報処理学会の著作権規定に従いますので、基本的にカメラレディ原稿を提出いただく際に譲渡していただくことになります。詳しくは情報処理学会の著作権の取り扱いに関するページをご覧下さい。
カメラレディ原稿提出の際に著作権譲渡に同意するを選択して頂ければ、別途著作権譲渡契約書を送付頂く必要はありません。

Q2. 論文投稿者はシンポジウムへの参加は必須ですか?

A. 筆頭者のご参加は必須ではありませんが、受理された論文はシンポジウム参加者のどなたかに発表していただく必要があります。

Q3. 他のジャーナルやトランザクションに投稿していても論文誌への推薦はありますか?

A. シンポジウム開催までの間に他のジャーナルやトランザクションへの投稿を計画されている方は推薦候補から除外致しますので、最終原稿提出の際にその旨をご指定下さい。

Q4. デモセッションの発表はどのように行われるのですか?

A. デモセッションは、聴講者らが自由に見て回る形式になります。この時間は他の発表などはありませんので、原則としてすべての参加者が来場します。デモセッションの時間は現在検討中です。

Q5. デモセッションでの発表もカメラレディ原稿が必要でしょうか?

A. デモセッションも一般講演と同様にカメラレディ原稿をいただいて、予稿集に掲載します。例年この形で実施しており、今年も踏襲しています。

Q6. 発表した論文をホームページで紹介できますか?

A. DICOMOの論文は情報処理学会の著作権規定に従います。
引用の範囲であれば、出典を明記して頂ければ申請は不要です。論文自体を不特定多数に公開する場合には、情報処理学会宛に利用通知書の提出が必要になります。詳細につきましては以下のページをご参照ください。

Q7. カメラレディ原稿投稿時にタイトルや共著者名を変更できますか?

A. カメラレディ投稿時にタイトルや共著者の情報を再入力して頂きます。変更がございましたらカメラレディ原稿だけでなく、投稿ページに入力する情報も必ず更新してください。なお、追加した共著者がパラレルセッションでの発表と重なった場合に、発表順番の再調整は困難ですので、あらかじめご了承ください。

Q8. 英語のタイトル、アブストラクトは必須ですか?

A. 和文原稿の場合、英語のアブストラクトは記載しないこととします。 また英語のタイトル、英語の著者名の記載は任意です。

Q9. 企業展示はありますか?

A. 企業展示を予定しています。現在準備中です。

Q10. 会期後の予稿集の購入は可能でしょうか?

A. 予稿集の購入は情報処理学会(sig <at> ipsj.or.jp ※<at>は@に置き換えてください)にお問い合わせください。

Q11. 宿泊なしでの参加は可能ですか?

A. 宿泊なしでの参加費は設定しておりません。

Q12. 宿泊、食事をしなかった分の返金はありますか?

A. 宿泊日数/食事回数変更に伴う返金はできません。

Q13. 当日参加は可能ですか?

A. 当日参加は受け付けておりません。必ず事前に参加登録をお願いいたします。

Q14. 請求書、領収書を参加費とそれ以外で分けられますか?

A. DICOMOの参加費は宿泊費、食費、発表費用などの項目ごとに分計はできません。

Q15. 食事代を宿泊費と分計にできますか?

A. 宿泊費は食事を含んだ額ですので、食事代を分計にすることはできません。

Q16. 部屋は相部屋でしょうか?

A. 基本的に部屋の方は数人での相部屋となります。また部屋割りにつきましては事務局のほうで決めさせて頂きます。ご了承ください。

Q17. インターネットは利用できますか?

A. 客室はホテル既設の無線LANを利用できますが、多数の参加者が同時に使用した場合繋がらない可能性があります。

Q18. 参加費の領収書をいただけますか?

A. 参加費の領収書は情報処理学会から発行いたしますので、振込完了後に下記のページにある振込連絡票で情報処理学会に請求してください。

Q19. 参加費の内訳はどうなっていますか?

A. 現在準備中です。

ページトップへ戻る
x Shield Logo
This Site Is Protected By
The Shield →